巨大&重量級マイクロフォーサーズ 登場!

マイクロフォーサーズも最新機種では 大きく・重たくなってきましたが、極めつけは パナソニックのルミックスGH5 !

f0381792_18163305.jpg
見た目もごついですが 実際にかなり大型化しているようです(画像はデジカメWatchから借りました)。

寸法は 138.5 x 98.1 x 87.4 mm 重量が なんとデジタル一眼レフなみの 725g !

これがどれくらいのものかと言えば...

オリンパスのE-M1 Mk2 が 134.1 x 90.9 x 68.9mm 重量 574g

富士フイルムの X-T2 が 132.5mm x 91.8 x 49.2mm 重量 507g

ソニーのα7RIIが 126.9 x 95.7 x 60.3mm 重量 625g

です。なんとフルサイズのα7RII よりも 大きさで上回り 更に 100g重たい!

もはや マイクロフォーサーズは小型軽量なんて言ってられません (-_-;)

「大きくて見栄えのいいカメラが欲しい? じゃあ マイクロフォーサーズにしなさい!」 って時代が来ました。。。

まあ 性能面では格段に進んでいるんでしょうけど、、、撮像面積が3.8倍のフルサイズ機より「立派な体格」になりましたねぇ。


見方を変えれば ソニーのα7シリーズがいかに撮像面積の割に小型軽量なボディのカメラかということですね。
富士フイルムのフラッグシップ機X-T2も ミラーレス各社フラッグシップ機の間では「軽量級」になってしまいました。

ミラーレス機の世界も百花繚乱 バラエティ豊かになってきましたね。

[PR]
by hirosalgadou | 2017-01-06 21:39 | デジタル一眼 | Comments(0)

撮影機材好きおじさんの独り言です。


by hirosalgadou