オリンパスの望遠ズーム40-150ミリf2.8に満足

先般購入のパナソニック35-100ミリf2.8が片ボケの不良品だったこともあり それを返品してオリンパスの40-150ミリf2.8Proの中古品を購入しました。

f0381792_17591451.jpg

三脚座・フード・保護フィルター込みで総重量1025g、近年とみに軟弱になった私でも使える限界です (^^)
防塵防滴に加えて、インナーズーム&インナーフォーカスで全長不変なのは使いやすいですね。
ちなみに伸長・収納がワンタッチで出来る優れたアイデアのフードは126g、取り外し可能な三脚座は123g、レンズ前キャップは24gありますので、これらが総重量の1/4ほどにもなります。

フードについては使用面では非常に優れたアイデアの商品なのですが、衝撃にはそれほど強くないらしくぶつけて壊したという報告がネットで見られます。またキヤノンのEF135ミリf2用のフード「 ET-78 II 」が使えるという情報もあります。逆付けも出来るようですし、互換品ならかなり安く買えるでしょうから、万一壊してしまった際はキヤノン用を買う手もありますね。

描写はすでにネットで高評価の通り、開放からキレのある画像を出してくれます。長焦点端で寄ったときの後ボケは綺麗です。中間焦点距離で少し離れて撮影したときに背景との距離によっては やや煩雑になることがありますが、欠点というほどでもないと思います。

ズーム全域で0.7mまで寄れること、最大撮影倍率0.21倍(35ミリ判換算0.42倍)は 花をアップで撮影する機会の多い自分には助かります。以下はすべて絞り開放での撮影です(カメラ:E-M5 II)


f0381792_16185015.jpg

↑ @150ミリ

f0381792_16194837.jpg

↑ @150ミリ

f0381792_16201062.jpg

↑ @90ミリ

AFはかなり高速でストレスはありません。藤の花の近くでホバリングするクマンバチの撮影を試みましたが、すべてピントが後ろに抜けました。レンズよりカメラ(E-M5 II)の性能の限界かもしれません。
静物や風景、ポートレートなら全く問題ないと思います。

f0381792_16204448.jpg

↑ @100ミリ

逆光でも抜けの良い描写は、花の表情をとらえるのに力強い味方だと思います。

[PR]
by hirosalgadou | 2017-04-29 13:18 | レンズ | Comments(0)

撮影機材好きおじさんの独り言です。


by hirosalgadou