紫陽花の季節

梅雨の花と言えば紫陽花。手近にベランダの紫陽花など撮って 時間をつぶしています。
自宅での撮影なので レンズを取っ替え引っ替え。

今回は花撮りマクロの定番「タムキュウ」...自分が持っているのは072Eと呼ばれる AF初代のタムロン90ミリf2.8です。
f0381792_15455274.jpg




072E → 172E → 272E と代が変わる毎にコーティングが改良されていますが、逆に言えば 初代の072Eは逆光に弱い。
しかも マクロで近づくので被写体にぶつからないようフードは短めです。
そこで ステップダウンリングをレンズ前枠にはめ込んで 光を絞っています。

f0381792_15464076.jpg

最近接時はここまでレンズが伸びます (-_-;)

f0381792_15470218.jpg



不用意に被写体に近づくとレンズをぶつけてしまいます。等倍マクロ撮影が可能です。

描写は最近接時も 遠景も、とても良好です。近接時のボケも綺麗で この点がこのレンズの最大の美点ですね。

f0381792_15493181.jpg


f0381792_15511301.jpg



f0381792_15520979.jpg



f0381792_15530144.jpg



f0381792_15541728.jpg




f0381792_15560667.jpg




使用したカメラはソニーα7II、マウントアダプターは純正の LA-EA3、 このレンズはボディ駆動タイプなのでAFは出来ません。しかしα7IIのEVFの拡大表示は非常に強力で むしろMFの方が厳密なピント合わせが可能です。また接写時でも手ぶれ補正が効きますので この点でも安心です。

[PR]
by hirosalgadou | 2017-06-16 08:27 | レンズ | Comments(0)

撮影機材好きおじさんの独り言です。


by hirosalgadou