古玉再考 その1 : タムロン90ミリF2.5 (52BB)

高性能レンズが続々と各社から出されておりますが、ホイホイ買えるわけもなく...とは言っても古いレンズにもまだまだ現在でも通用する単焦点レンズは数多くあります。
特にソニーα7やα7IIを入手してからは、それらの性能が銀塩時代よりくっきりと浮かび上がり、当時のレンズ設計者はフィルムの解像限界を遥かに超える性能を目指して真面目に奮闘していたのだなぁと感慨を新たにします。

ということで 古いレンズに光を当ててみます。

最初はタムキューという愛称で呼ばれるタムロンの90ミリマクロ。それも初期のMFレンズ、通称52BBと呼ばれる90ミリf2.5です。
f0381792_15380182.jpg




最短撮影距離は39cm、最大撮影倍率は1/2倍、いわゆるハーフマクロです。マウント部分が交換可能になっており、各社の一眼レフに対応可能になっています。本品はニコンのAiマウント対応タイプです。

マニュアルフォーカシングに関してはハーフマクロの方が等倍マクロより「ピントリングの回転角に対するピント移動量」が適切なことが多く、特に遠景のピント合わせにそれを痛感します。
このレンズは「ポートレートマクロ」とも呼ばれ、近接撮影だけでなくポートレートに用いられても違和感のないきれいなボケが特長です。

f0381792_15385026.jpg


f0381792_15392480.jpg



被写体背後のボケがスムースなので ボケの処理に気を使う必要もありません。

f0381792_15394264.jpg



合焦部のシャープさについても現在でも十分通用するものだと思います。

f0381792_15405524.jpg




古い世代のレンズなので光源ボケが円形ではありませんが、そのかわり非球面レンズを用いた光学系に出現する年輪ボケ(玉ねぎボケ)とも無縁です。
弱点はやや逆光に弱いことで、光源の位置によっては画面がフレアで覆われコントラストが低下することがあります。

* ブログ掲載の都合上 画像は長辺1920ピクセルに圧縮してあります。
[PR]
by hirosalgadou | 2017-10-08 13:47 | レンズ | Comments(0)

撮影機材好きおじさんの独り言です。


by hirosalgadou