ニコンからフルサイズのミラーレス機登場

事前のティーザー広告で登場が噂されていたニコンのフルサイズ・ミラーレス機が発表されました。

f0381792_13475769.jpg

ニコンZ6は24.5百万画素の撮像素子搭載。

- 273点のAF測距点
- 連写は12コマ/秒 → AF/AE追従では秒5.5コマに落ちます。
- EVFは360万ドット QVGA
- 210万ドットタッチパネル
- 5軸手ブレ補正
- ハイブリッド像面位相差AF
- 動画はフルHD 120p, 4K UHD 30p
- N-LOG profile (4: 2: 2 10-bit HDMI出力)
- フォーカスピーキング、ゼブラ表示
- バッテリーはEN-EL15b battery
- Wi-Fi、Bluetooth
- 防塵防滴のボディ

f0381792_13480367.jpg
ニコンZ7は45.7百万画素の撮像素子搭載。

- 493点AF
- 9コマ/秒
- EVFは360万ドット QVGA
- 210万ドットタッチパネル
- 5軸手ブレ補正
- 動画はフルHD 120p, 4K UHD 30p
- N-LOG profile (4: 2: 2 10-bit HDMI出力)
- フォーカスピーキング、ゼブラ表示
- バッテリーはEN-EL15b
- Wi-Fi、Bluetooth
- 防塵防滴のボディ

と紹介されています。これに加えて ニコンの発表会では

- フランジバック16ミリ(ソニーEより2ミリ短い)
- マウント内径55ミリ(ソニーEより9ミリ大きい)
- ボディ内手ぶれ補正は5段分

- Z7の価格 44万円前後@税込み
- Z6の価格 27万円前後@税込み
- 24-70ミリF4 税別13.65万円
- 35ミリf1.8 税別11.4万円
- 50ミリf1.8 税別 8.35万円
- ニコンFマウントアダプター FTZ 税別 3.65万円

と発表されました。ただし 現時点(2018/08/23 14時)では 以下の点は不明です。

- 記録メディアはXQDのみ? SDカードスロットもあり? → 言及なし XQD1枚のみ
- 電子先幕シャッターは搭載? → 言及なし 搭載されています。
- 電子シャッターは有り? ローリング歪みはどのくらい? → 言及なし 搭載されています
- FマウントアダプターでMFのニッコールは使えるのか? → 言及なし AiまたはAi改造レンズは使える
- MFニッコールを使用する場合 手ぶれ補正のための焦点距離手動設定は有るのか? → 言及なし あり。
- アスペクト比は3:2固定? 他にもあるのか? → 言及なし 3:2、16:9、1:1が選択できます。
- より低画素でのクロップ撮影は可能なのか? → 言及なし DX記録可能です。
- ホワイトバランス(WB)はどのように設定するのか? 専用ボタン有り? → 言及なし

バッテリーは一眼レフ用と共通のものですが、ニコンデジタル一眼レフと比べて撮影可能ショット数は大幅に少なく
Z6がEVF使用で310コマ、液晶モニター使用で380コマ
Z7がEVF使用で330コマ、液晶モニター使用で400コマ
と ソニーα7第3世代と比べても かなり貧弱なのが気になります。
省電力設計がニコンは苦手なようです。

これから おいおい詳細が明らかになっていくことでしょう。
ソニーの独走体制だったのが ニコンも参入し、フルサイズ・ミラーレス機も戦国時代に突入ですね。


* 画像は軒下デジカメ情報局から拝借しました。

[PR]
by hirosalgadou | 2018-08-23 14:10 | デジタル一眼 | Comments(0)

撮影機材好きおじさんの独り言です。


by hirosalgadou