人気ブログランキング |

古いカメラとレンズで桜と梅を撮る

久しぶりに 手元に1台だけ残したデジタル一眼レフで桜を撮りに出かけてみました。

f0381792_11072168.jpg

カメラはソニーα700、 登場が2007年11月です。もうオールドデジカメ (-_-;)
レンズはタムロンAF90ミリf2.8の初代(072E) です。こちらは 1996年登場。
代々コーティングが改良されて 今は第3世代が売られています。
それだけ描写を愛好するユーザーが多いということでしょうね。

日進月歩のデジタルカメラの世界でもう忘れ去られた存在ですが
十分に実用に耐える性能です。

春になると何故か持ち出します。夏~秋~冬は防湿庫で眠っていることが多いカメラですが...

f0381792_11202981.jpg
f0381792_11213002.jpg
逆光でフレアが出やすいレンズですので 標準装備のフードでは不十分
できるだけ深いフードを装着します。
シャープさと同時にまろやかさもあり、描写は今でも満足できるものです。

f0381792_11230802.jpg


f0381792_11235729.jpg

f0381792_11244110.jpg


f0381792_11254892.jpg

f0381792_11270262.jpg
ソニーα700は非常に高品位の光学ファインダー搭載なので
MFで精密にシベの位置にピント合わせができます。
AF任せではうまくいかないケースが多いです。

カタログスペック的にはカメラもレンズも大したことはありませんが
実際に使ってみると「良い製品だなぁ」と今でも実感させてくれます。
古くなっても手放せない愛用品です。






Commented by 大坂 at 2019-03-03 21:47 x
ご機嫌よう
一眼レフのファインダーで高品位と正反対なのが京セラコンタ末期のNXです。AFコンタックス N1の廉価版。

MFで合わせたピントとAFが違ってる感じがして、まだ原宿にあった京セラの拠点に持ち込んだら曰く、AFの方が正確でファインダーのピント像は必ずしも合致しません、ですて。
Commented by hirosalgadou at 2019-03-05 12:49
大坂さん ごきげんよう。
それ ニコンのD2H@当時のフラッグシップ機でもありましたよ。
AFで合わせたのにファインダーではピントがずれて見える。
MFで精密にピント合わせて撮ってみると全部ピンぼけ。
新宿ニコンのSCに持ち込んだら 社員が青い顔して「これファインダーの光学系の組み立てが狂っています!」
ニコンではフラッグシップ機でも出荷前の検査しないだぁ....と大変に失望して これがニコン離れの原因になりました。
by hirosalgadou | 2019-02-28 11:05 | 雑談 | Comments(2)

撮影機材好きおじさんの独り言です。


by hirosalgadou